SSブログ
前の5件 | -

流氷のオジロワシとキトウシのシマエナガ、SeeStarによる月面撮影 [シマエナガ]

【1月28日(日)】
流氷のオジロワシ、オオワシ狙いで紋別に向かった。11:00頃、紋別着。紋別港でガリンコ号IIに乗船した(写真はガリンコ号III IMERU)。流氷をかき分けながら進んでいく。ほどなく流氷の上に留まっているオジロワシを見ることができた。オオワシには出遭わなかった。

●ガリンコ号III IMERU
20240128-16.jpg
●流氷の上のオジロワシ
0K6A0979-16.jpg

【2月3日(土)】
午前中、年1回の健康診断で、視力、聴力、採血、検尿、検便、胸部X線、心電図、胸腹CT、胃X線検査を受けた。検査終了後、キトウシ森林公園に直行した。シマエナガ、キバシリ、ミヤマカケス、アカゲラに出遭った。

●キトウシ森林公園:2月3日
20240203-16.jpg

●シマエナガ
0K6A1190-16PM.jpg

0K6A1167-16PM.jpg
●キバシリ
0K6A1454-16.jpg
●ミヤマカケス
0K6A1479-16PM.jpg
●アカゲラ
0K6A1142−16.jpg

【SeeStarによる月面撮影】
1月29日 雲が多かったが、雲の切れ間に月が見えていた。シーイングは悪かった。玄関前にSeeStar S50を置いて、iPhoneのSeeStarアプリを起動、月を選択、撮影した。

●SeeStar S50
20240129SS.jpg
●月齢18.1 2024/1/29 23:46
moon_20240129.jpg



nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

網走の流氷とオオワシ、キトウシのキクイタダキ、SeeStarによる月面撮影 [キクイタダキ]

【1月20日(土)】
休日。オホーツク海沿岸の網走に流氷を見に行った。目的の流氷の上のオオワシやオジロワシには出遭えず。

●オホーツク海沿岸の流氷
0K6A0908-16.jpg

0K6A0900-16.jpg

網走からの帰り、オオワシとオジロワシの留まっている木があった!が、オジロワシの方は、トビだった オジロワシ幼鳥だった(脚注参照)。

●オオワシとオジロワシ幼鳥 (脚注参照)
0K6A0821-16.jpg
●オオワシ
0K6A0782-16.jpg
トビ オジロワシ幼鳥 (脚注参照)
0K6A0804-16.jpg

帰り道、道ばたで採餌している孤独なツグミがいたので車を駐めて撮影した。

●道ばたのツグミ
0K6A0857-16.jpg

【1月27日(土)】
午前中は病棟の仕事。そば処かまだ家で昼食の卵とじ蕎麦を摂ってから、キトウシ森林公園へ。ミヤマカケス、エゾフクロウ、キクイタダキに出遭った。

●ミヤマカケス
0K6A0918-16.jpg
●エゾフクロウ
0K6A0921-16.jpg
●キクイタダキ
0K6A0959-16.jpg

0K6A0967-16.jpg

【SeeStarによる月面撮影】
冬期、あまり晴れない旭川だが1月20日は晴れた。自宅玄関前にSeeStar S50を置き、iPhoneで月を選択、撮影した。

●SeeStar S50
2024012bl.jpg
●月齢9.0 2024/1/20 22:32
moon20240120FB.jpg


脚注 2024/1/28
当初「トビ」と表示しておりました野鳥は、「オジロワシ幼鳥」でした。ご指摘いただきまいしたquesoさんに深謝します。


nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

野付半島でベニヒワ・ユキホオジロ、帯広でSeeStar-S50による電子観望 [SeeStar-S50]

【1月6日(土)】
1月6日(土)〜1月8日(月)の三連休の初日、根室の野付半島にユキホオジロを見に行くことにした。この時期、ユキホオジロが来ているはずだ。1月6日午前、旭川の自宅を出発。夕刻、根室の尾岱沼(おだいとう)の予約してあった宿に着いた。すでに暗くなっていた。

【1月7日(日)】
朝、尾岱沼の宿を出て、野付半島の先端へ向かった。ユキホオジロを見るためには、野付半島の先端部へ行かなければならない。野付半島ネイチャーセンターで、野付半島の先端部への通行許可証を出してもらう。先端部への入り口には鎖がかかっており、これをはずして車を乗り入れる。少し車を少し走らせたところで野鳥の群れが横切っていった。車を止めて撮影してみるとベニヒワの群れだった。

●ベニヒワの群れ
0K6A0323-16.jpg
ベニヒワ(上の写真の拡大)
0K6A0323FB-16.jpg

●電線の上のベニヒワ(奥さん撮影)
1E0A3090-16.jpg

しばらく走って、車の進入できないところでまで来た。車を降りた。駐車した車には通行許可証を表示させておく必要がある。ここから野付半島の先端部まで歩く。かなり遠い。30分ほど歩いて先端部に着いた。10羽ほどのユキホオジロが見えた。警戒心が強い。少しでも近づくとサッと逃げていく。

●ユキホオジロ
1E0A3148-16.jpg
●逃げるユキホオジロ
0K6A0531-16.jpg
●ユキホオジロ
0K6A0722-16.jpg

野付半島ではオジロワシやエゾシカ♂も撮影した。

●オジロワシ(奥さん撮影)
1E0A3227-16.jpg
●エゾシカ♂
1E0A3199-16.jpg

【1月13日(土)】
帯広八千代牧場で開催された星空観察会に1泊2日で参加した。八千代牧場研修センターに宿を取った。散在性流星目的で冬の星座を撮影していたが、流星は写らなかった。

●冬の星座と木星 
0K6A0738-16.jpg
2024/1/13 19:36:56 Sigma14mm, F1.8 (2.2), EOS 5D Mark III, ISO2500, 30", SKYMEMO Sガイド

SeeStar-S50というカメラ・レンズ付きオールインワン望遠鏡が中国ZWO社から発売された。一時期、在庫がなくなるほど売れていたが、待ち時間なく購入できた。旭川の天候不良のため、なかなか撮影の機会が無かった。今回の星空観察会がSeeStar-S50のファーストライトとなった。iPhoneにインストールしたSeeStarプログラムを開くと、観察可能な天体が表示されるので、撮影したい天体をクリックすると、目的の天体を自動導入し、撮影が開始される。撮影した写真はiPhoneの「写真」に入る。驚くほど簡単に撮影できる全自動望遠鏡である。

●SeeStar-S50
202401132-16.jpg

●SeeStar-S50によるオリオン座大星雲M42
20240113-16.jpg

M42撮影後、雲が広がってきたのと寒いので、宿泊八千代牧場の研修センターの部屋に引き上げた。翌朝、旭川へ戻る途中の新得でSeeStar-S50で、薄雲越しの太陽を撮影してみた。付属の太陽フィルターを着けて撮影した。

●SeeStar-S50による太陽
SeeStarBL-16.jpg



nice!(25)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

星と野鳥 この一年 −2023年を振り返る− [2023年]

2023年のブログ記事から、1か月に1件(〜2件)づつ表示して、この一年を振り返ってみたい。


●GTF彗星 (C/2022 E3) 2023/1/22
GTF230122BL.jpg
帯広八千代牧場にて


●ノハラツグミ 2023/2/19
0K6A1202-15.jpg
キトウシ森林公園にて


●キレンジャクたち 2023/3/18
0K6A1983-15.jpg
キトウシ森林公園にて


●クロツグミ 2023/4/30
0K6A3785-15.jpg
大雪遊水公園にて


●ツメナガセキレイ 2023/5/27
0K6A5045-15.jpg
シブノツナイ湖周辺にて奥さん撮影


●ベニマシコ 2023/6/11
1E0A1372-15.jpg
ワッカ原生花園にて奥さん撮影


●コヨシキリ 2023/7/8
0K6A6620-15.jpg
ベニヤ原生花園にて


●天の川と流星 2023/7/23
IMG_8218-15bl.jpg
名寄星祭り会場にて


●木星と土星 2023/08/24
SatJup20230824.jpg
自宅バルコニーで撮影


●旭医だよりvol. 162 2023/8/30
kyokui202308.jpg
地元業界誌の表紙と裏表紙写真


●「日食の観測と撮影」 2023/9/10
nishoku.jpg
●皆既日食観察中の当方夫婦 矢印
nisyoku96-3.jpg


●イスカ♂ 2023/10/28
0K6A8746-15.jpg
キトウシ森林公園にて


●「しんしのつ天文台」がオープン 2023/11/3
20231103-152.jpg
浦幌から新篠津村へ北海道横断


●旭川内科医会50周年記念誌
Naikai50.jpg
表紙と裏表紙に「旭川市民の鳥」キレンジャクの写真を提供


●ふたご座流星群2023 2023/12/14
20241214-15.jpg
帯広の森にて



nice!(26)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ふたご座流星群 2023/12/14 速報:帯広の森にて [流星群]

【12月14日(木)】
 今年のふたご座流星群の極大日は月明かりの無い最良の観察条件だった。旭川は曇り〜雪だったから、晴れている道東の帯広で観察することにした。午後3:30から年休を取り、帯広に向かって出発した。19:30帯広に着いた。インディアンでエビカレーの夕食を摂った。20:55帯広の森の近郊の、いつも利用している畑横の小道に、ポータブル赤道儀スカイメモSとカメラを設置した。帯広の街明かりがやや気になる。
 撮影は、Canon EOS 5D Mark III + Sigma 14mm F1.8 (5.6) ISO3200, 露出20"の連続撮影とした。試写により、こんなもんかなと思い撮影を開始した。いつもF2.2で撮影していたが、確認を怠り、今回はF5.6と暗い設定になってしまっていた。気温はそれほど低くなかったが、強風のためとても寒く感じた。撮影はスカイメモSとEOS 5D Mark IIIに任せて、車内で待機していた。23:25撮影を終了して、帯広から旭川に帰ってきた。帰りのほとんどは奥さんに運転してもらった(感謝)。
 ふたご座流星群の流星は肉眼でもかなり観察された。写真455枚撮影中14枚に流星が写っていたので、Adobe Photoshop CS5で比較(明)合成した。

●ふたご座流星群2023 2023/12/14 20:55〜23:25
20241214-15.jpg

●撮影機材:Canon EOS 5D Mark III + Sigma 14mm + スカイメモS
202412142-15.jpg



nice!(30)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -