So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

アカツクシガモ・アカゲラ・ゴジュウカラ [アカツクシガモ]

【10月12日(土)】
午前中キトウシ森林公園に行くもとくに成果なかった。昼食は上富良野のまん作で新蕎麦のキツネとじ蕎麦にする。美味。

●キツネとじ蕎麦;まん作
IMG_9247-iP7.jpg

午後、旭岳方面に向かった。途中にある公園の池に数人の人が集まっていた。行ってみると変わったカモを撮影していた。調べてみると、アカツクシガモだった。日本の野鳥650によると、数少ない冬鳥で東北地方以北では稀とされている。

●アカツクシガモ(Sigma 150-600mm, 600mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III)
0K6A1044-11bl.jpg

0K6A1050-11bl.jpg

旭川の野鳥情報で旭岳山麓にカヤクグリやベニマシコの情報があった。旭岳山麓といっても広いので、とりあえず旭岳源水に行ってみた。しばらく待っていると、アカゲラがやって来た。カヤクグリとベニマシコには遇えなかった。同じ場所で撮影していた方がこれらの野鳥がいた場所を教えてくれたが、いなくなっていた。

●アカゲラ(同)
0K6A1078-11bl.jpg

0K6A1094-11bl.jpg

【10月13日(日)】
入院中の母のお見舞いで札幌に行く。日中も夜も快晴だった。旭川に戻って、自宅バルコニーで満月一歩手前の月を撮影した。快晴といってもシーイングは悪かった。木星と土星も撮影を試みたが、木星は高度が低く激しい大気のゆらぎによりフォーカスが合わないほどだった。土星はかろうじて撮影出来たが、カッシーニ空隙も写っていない状態だった。

●自宅バルコニーで月面撮影
IMG_9249-iP7.jpg

●月齢14.7(BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5)
moon20191013bl.jpg
ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 25%stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

【10月14日(月)】
体育の日で休日。久しぶりに江丹別のとみはら自然の森に行った。遊歩道を歩いた。ぜんぜん逃げないゴジュウカラを観たのみ。旭川の野鳥情報では、翌日ここでベニマシコ数羽が撮影されていたが、この日は気づかなかった。

●江丹別のとみはら自然の森
IMG_9250-iP7.jpg

●ゴジュウカラ(Sigma 150-600mm, 600mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III)
0K6A1135-11PM.jpg

0K6A1140-11.jpg



nice!(30)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

宮島沼でマガン撮影;EF500mmとSigma600mmとの比較 [野鳥]

【10月5日(土)】
休日だったが、仕事量の異常な増大により午前中は病院。昼食は久しぶりに「をん坐」に行く。海老天せいろの黒(黒い蕎麦)にした。

●をん坐の海老天せいろ
IMG_9234-iP7.jpg

Amazonで一世代前のEF500mm F4.5L USM(中古 状態良い)が定価の1/4程度ででていたので入手した。試し撮りのため、雨模様の中野鳥を探しに東川に行った。旭岳源水公園でノビタキ幼鳥?に出遭った(違う場合はご指摘ください)。暗いためか写りはイマイチだった。

●Canon EF500mm F4.5L USM
IMG_9236-iP7.jpg

●ノビタキ幼鳥(EF500mm F4.5L USM + EOS 5D Mark III)
0K6A0725-11.jpg

【10月6日(日)】
EF500mm F4.5L USMとSigma 150-600mm F6.3, DG OS HSMを持って、再び美唄の宮島沼へ向かった。

●宮島沼のマガン(iPhone 7 plus)
IMG_9242-iP7.jpg

宮島沼の観察場で、おもに上空のマガンを手持ちで撮影した。EF500mm F4.5L USMによる撮影では、純正品の期待に反して、予想外にAFフォーカスの甘さが目立った。一方、Sigma 600mmのAFフォーカスはかなり良かった。前回の記事でSigma 600mmはAFのフォーカスが甘いと書いたが、両者を比較するとむしろSigma 150-600mm F6.3, DG OS HSMの優秀さを実感した。

●Canon EF500mmによるマガン(EF500mm F4.5L USM + EOS 5D Mark III)
0K6A0951-11.jpg

0K6A0957-11.jpg

●Sigma 600mmによるマガン(Sigma 150-600mm, 600mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III)
0K6A0856-11.jpg

0K6A0862-11.jpg

0K6A1017-11.jpg

快晴だった。夜、自宅バルコニーで月面撮影をした。シーイングが良くなかったため、撮影時はフォーカス合わせに苦労した。

●月齢7.7 2019.10.6 18:17:40(BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5)
moon20191006bl.jpg
ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 30%stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

引き続いて20cmシュミット・カセグレンで木星と土星を撮影した。木星は高度が低いこともあり、細部の写りはかなり悪く、アーチファクトがでた。

●撮影機材
IMG_9244-iP7.jpg

●木星と土星 木星 2019.10.6 18:41:33 土星 2019.10.6 18:49:48
jup_sat_20191006bl.jpg
Celestron EdgeHD 800, Televue Powermate 2.5x, ZWO ASI290MC, FireCapture 2.5, 木星 10000 Frames, 土星 3000 Frames, Autostakkert!2.6.8 木星 20% stack, 土星 30% stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整


nice!(35)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

美瑛の天の川と宮島沼のマガン、そしてSigma 150-600mmの導入と対応 [マガン]

【9月28日(土)】
快晴だった。9月27日(金)深夜、旭川の自宅から美瑛の青い池に向かった。現地には9月28日(土)0時過ぎに着いた。青い池には広大な駐車場がある。わずかに街明かりがあるものの、おおむね綺麗な夜空がみえる。駐車場よりも青い池まで行けばもっと素晴らしい夜空が広がっているが、一人ではちょっと怖い。この日は広大な駐車場のまん中でお客さん一人状態の私は、マットの上に寝そべって天然のプラネタリウムを堪能していた。ときどき明るい流星が流れたが、写真の視野には入っていなかった。

●撮影機材:スカイメモS+EOS 6D (HKIR)
IMG_9226-iP7.jpg

●ペルセウス坐〜オリオン座 2019/9/28 1:04(Sigma 14mm F1.8 (2.2) DG HSM + EOS 6D HKIR, f1.8 (2.2) , ISO2000, 露出60", LEE No.3)
IMG_5975nk2.jpg

美唄の宮島沼にマガンが来ているはずだ。午前中美唄まで車を飛ばした。美唄に近づくにつれてマガンが集団で飛んでいるのが見える。宮島沼に着いて観察場所に行くと、マガンは遠くにいて近づいてこない。

●宮島沼のマガン(Sigma 150-600mm;150mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III)
0K6A0548-11.jpg

宮島沼周囲の収穫後の水田にいるマガンの方が近くで観察できるので、道路脇から撮影した。Sigma 150-600mm F6.3, DG OS HSMを600mmで使用したが、かなりの写真でフォーカスが甘いと思われた。ここではフォーカスのあっていた写真を提示する。この点に関して、合焦位置の調整などが行えるSIGMA USB DOCKがあるので、これによるAF改善を期待している【脚注】

●収穫後の水田で休むマガン(Sigma 150-600mm;600mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III;以下同じ)
0K6A0482-11.jpg
上空のマガン
0K6A0626-11.jpg
●上空のマガン
0K6A0509-11.jpg

【9月29日(日)】
午前中、iPhone 11 Pro予約のためソフトバンクに行ってみた。人気機種のためかすぐには入手できず、オンラインショップで予約してくださいとのことだった。ソフトバンク開店前、自宅横の東部中央公園にゴジュウカラがいた。Sigma 600mmのフォーカスは問題なかった。比較的近くでの撮影では、Sigma 150-600mm F6.3, DG OS HSMは問題なく使えそうだ。

●ゴジュウカラ(Sigma 150-600mm;600mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III)
0K6A0658-11.jpg
●同
0K6A0666-11.jpg


【脚注】2019.10.2追記
SIGMA USB DOCKは、USBケーブルを介してPCに接続して、レンズ・ファームウェアのアップデートや、合焦位置の調整を行うことができる。


nice!(36)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キトウシの留鳥撮影と月と土星の大接近 [野鳥・天文]

【9月16日(月)敬老の日】
午後2時から旭川スタルヒン球状で行われた日本ハム:ソフトバンク戦を見に行くことになっていたから、午前中は東川のキトウシ森林公園で探鳥の時間にした。Sigma150-600mmを持って駆けつけた。ゴジュウカラ、ヤマガラ、ハシブトガラ、ヒガラなどのいつもの留鳥に出遭えた。期待していたシマエナガは現れなかった。

●ゴジュウカラ(Sigma 600mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III;以下同じ)
0K6A0351-11.jpg
●ヤマガラ
0K6A0404-11.jpg

0K6A0405-11.jpg
●ハシブトガラ
0K6A0378-11.jpg

0K6A0380-11.jpg
●ヒガラ
0K6A0385-11.jpg

【月と土星の大接近とその後】
9月8日(日)は見かけ上、月と土星が接近した。広角撮影が必要なため、Prominar 500mmとデジカメで撮影した。

●月と土星の大接近 2019/9/8 21:49:30(EOS 5D Mark III + Prominar 500mm F5.6FL, ISO800, 1/125秒)
0K6A0309-3bl.jpg

●土星と接近時の月;月齢9.1 2019/9/8 21:10:55
moon20190908bl.jpg
BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 15% stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

●月と土星
月齢11.2 2019/9/10 23:20:26
moon20190910bl.jpg
BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 10%stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

●中秋の名月:9月13日
雲が多かった。自宅バルコニーに撮影機材を設置し、月が雲からでてきたところを待ち構えて撮影した。

●雲から顔を出した月を狙う
moonXp20190913-2.jpg

●中秋の名月:月齢14.2 2019/9/13 23:14:18:53
moon20190913bl.jpg
BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 10%stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

●月齢16.1 2019/9/15 22:15:49
moon20190915bl.jpg
BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 10%stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

●土星 2019/9/15 21:06:26
Sat_211045_20190915bl.jpg
EdgeHD 800, Powermate 2.5x, ZWO ASI290MC, FireCapture 2.5, 3000Frames, Autostakkert!2.6.8 20% stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

●月齢19.3 2019/9/19 02:11:22
moon20190919bl.jpg
BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 25%stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整


nice!(35)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

厚沢部町の星空観察会とSigma 150-600mm導入 [日記]

異常な仕事量増大により帰宅後疲れて寝てしまうことが多くなった。ので、ブログ更新が停滞していた。今、当直中で時間が空いた隙にブログを更新する。

【8月24日(土)】
厚沢部町で開催された星空観察会に主催者側で参加した。会場の鶉ダムオートキャンプ場ハチャムの森には、各参加者が望遠鏡を据え付けるスペースが割り当てられていた。

●私の展示した望遠鏡たち
IMG_9047-iP7.jpg

雲は多かったものの、ときどき晴れてくれた。星空観察会に参加した子ども達や一般の方に木星や土星を見てもらった。子ども達は「木星の縞も凄くよく見える」という、これまでに経験したことのない反応を示した。通常、一般の方に惑星を見てもらうと「こんな小さいの」という反応が多い。今回参加した子ども達は、天文に興味を持って全道から集まってきたからなのだろうか、とても細かいところまでよく見てくれた。

夜9時ごろには見に来る人もいなくなり、写真撮影する時間ができた。ハチャムの森の夜空は、天の川がまぶしく感じるほど素晴らしいものだった。

●広角レンズによる天の川:射手座から夏の大三角形まで(Sigma 14mm f1.8 (2.2) DG HSM + EOS 6D (HKIR) 2019.8.24 20:57, 露出60秒)
IMG_5876-11.jpg

【8月27日(火)】
当方が作成している医療用ソフトを使用している宮崎市のK医師から、黒木本店の山ねこ黄金まさり、Q、百年の孤独が送られてきた。とても飲みやすい上品な焼酎のようだ。

●黒木本店の焼酎:リクも喜ぶ
IMG_9066-iP7.jpg

【8月31日(土)】
これまで使用してきた400mm望遠レンズは、野鳥撮影には拡大率が小さすぎると感じていた。お手頃な値段の600mm望遠レンズとして、Sigma Comtemporary150-600mm F5-6.3 DG OS HSMを購入した。土日に予定が詰まっていたため、なかなか試し撮りに行けなかった。8月31日(土)午後、やっとキトウシ森林公園に出かける時間ができた。とはいえ、なかなか野鳥に出逢えず、夕方やや暗くなってから、やっとアカゲラを撮影することができた。少し暗い環境で600mm端で撮影すると、ブレた写真が多かった。次回は明るい時間帯で撮影したい。

●Sigma 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM;600mm端
IMG_9076-iP7.jpg
●Sigma 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM;150mm端
IMG_9077-iP7.jpg

●アカゲラ(Sigma 600mm, F6.3, DG OS HSM + EOS 5D Mark III)
0K6A0274-11.jpg

【9月3日(火)〜9月4日(水)】
両日とも晴れた。夜、自宅バルコニーで月面と土星を撮影した。シーイング悪く、高度の低い木星の撮影は断念した。

【月面】
月齢4.0 2019.9.3 19:09:17
moon20190903-2.jpg

月齢5.0 2019.9.4 20:01:49
moon20190904PS-2.jpg
BORG107FL, 1.4 x TELECON GR + 1.08x FLATTENER, 907mm, F8.5, ZWO ASI174MC, FireCapture v2.5, 1000 Frames AS!2 25%stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整

【土星】
●土星 2019.9.3 21:28:34
Sat_213253_20190903-2.jpg

●土星 2019.9.4 21:16:00
Sat_212752_20190904PS-2.jpg
Celestron EdgeHD 800, Televue Powermate 2.5x, ZWO ASI290MC, FireCapture 2.5, 3000, Autostakkert!2.6.8 25% stack, Registax6 wavelet, PS CC色調調整


nice!(36)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -