So-net無料ブログ作成

「旭医だより」と彗星の記録、そして2018年を振り返る [彗星]

今年度、地元の業界誌「旭医だより」の依頼で表紙の写真を2回飾った。会員の活動、短歌や俳句、趣味といったものも含まれるものの、地域の医療に関係する内容が主体の雑誌である。年3回発行中の2回の表紙写真が天体写真ではちょっと片寄っているような気もするが、依頼なので良しとしよう。

●旭医だより(2018年4月、2018年12月)
kyokuidayori.jpg

今年はジャコビニ・チンナー彗星やウィルタネン彗星といった比較的明るい彗星がみられた。ただ私が見てきた長い尾を引いた明るい彗星は今年も現れなかった。それらの大彗星は、ベネット彗星(1970年)、ウェスト彗星(1976年)、百武彗星(1996年)、ヘールボップ彗星(1997年)などだ。まだ写真撮影はしていない時代のものばかりである。

私が天体写真を撮り始めてから現れた彗星のうち比較的明るく撮影できたものをまとめてみた。

●比較的明るかった彗星(2013〜2018)
commet1.jpg
commet2.jpg
commet3.jpg

【撮影機材】
・EOS 7D + EF-S 85mm F5.6;パンスターズ2013、レモン2013、ジャック2014
・EOS kiss X3 + EF400mm F5.6L;ラブジョイ2013
・EOS 5D Mark III + Prominar 350mm, F4.0;カタリナ2015、タットル・ジャコビニ・クレサーク2017、ジョンソン2017、アサシン2017
・EOS 6D (HKIR) + Prominar 500mm, F5.6;ジャコビニ・チンナー2018
・EOS 6D (HKIR) + BORG107FL, 624mm, F5.8;ウィルタネン2018


この1年(2018年)

ブログ写真から各月1〜2枚ピックアップして、この年を振り返ってみたい(2018/12/31追記)

【2018年1月:皆既月食 スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン】
2018年1月31日の皆既月食は、スーパームーンかつブルームーンだったことと皆既月食で赤銅色になることからNASAがスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンと名付けた。仕事終了後年休を取って、雪の旭川を出発。北見市の隣の端野町は快晴で皆既月食の全課程を撮影できた。

●月食の全経過と地球の影
moon20180131-3.jpg

【2018年2月:タウシュベツ橋梁、ユキホオジロ】
崩壊が近い言われているタウシュベツ橋。崩壊前にタウシュベツ橋梁と星空を撮影しておきたい。2月16日、Mさんに誘われて急遽一泊二日で糠平に行くことになった。

●タウシュベツ橋梁と冬の星座
0K6A4718-93.jpg

旭川近郊〜東川にユキホオジロがやって来た。車で走行中30〜40羽くらいの白い鳥の群れが飛んでいるのが見えた。「ユキホオジロだ!」。

●ユキホオジロ(奥さん撮影)
DSCF0128-s4.jpg

【2018年3月:エゾモモンガ】
幸運にも日中に活動しているモモンガに出くわした。巣で寝ているメスに外からオスが求愛しているように見えた。

●エゾモモンガの求愛
0K6A5811-9.jpg

【2018年4月:クマゲラとイスカ】
4月5日我が家のアイドルだったポメラニアンのボン(リクの母)が15歳で天国に天国に召された。4月8日雪の降る東川で、木の切り株をしきりにつついて樹液をなめるクマゲラに遭遇した。

●樹液をなめるクマゲラ♀
0K6A8816-9.jpg

今年はイスカの集団が比較的長期間東川に居座っていてくれた。4月14日50~60羽のイスカ群れに出くわした。

●イスカ♂と♀
1E0A8672-7d1.jpg
0K6A9008-9.jpg

【2018年5月:もりまち桜まつりとコゲラ】
5月5日「もりまち桜まつり」会場のオニウシ公園で桜に巣作り中のコゲラのカップルがいた。

●桜とコゲラの巣作り
0K6A0342-10w.jpg

【2018年6月:新機種導入】
7月31日の火星大接近に備えて、望遠鏡 セレストロンEdgeHD800 (D203mm f2032mm)、ビクセンSXD2赤道儀、CMOSカメラ ZWO ASI290MC、ZWOASI174MC、バーローレンズ テレビューPowermate 2.5x、大気分散補正装置 ZWO ADC、赤外-紫外カットフィルター ZWO IR/UVカットフィルター 1.25"を導入した。

ZWO ASI290MCを惑星用、ZWOASI174MCを月面用とし、FireCaptureで動画画像取得、AutoStakkert!で画像スタック、 RegiStax 6でwavelet処理、StellaImage 8で画像復元する方法を取得した。

●BORG107FLとZWO ASI174MCによる月面撮影;6月22日 月齢8.3
moon215238_3000_20W2.jpg

BORG107FL + 1.4 xテレコン + 1.08x フラットナー使用

【2018年7月:火星の大接近】
7月27日新システムで大接近中の火星、木星、土星を撮影した。旭川(北海道)はシーイングの悪いことが多く惑星面の撮影には適さないと思われるが、この日はシーイングが比較的良かった。

●火星
Mars_003835_d350_20180708-2.jpg
●木星
Jup_204805_D350_20180708SI2.jpg
土星
Sat_231533_D350_20180728SI2.jpg

【2018年8月:ノゴマ】
月明かりの無い最良条件だったはずのペルセウス座流星群、旭川周辺だけでなく全道的な天候不良のため移動観察も断念した。8月19日小清水原生花園でノゴマ、ノビタキ、ホオアカの幼鳥たちに遭遇した。

●ノゴマ
1E0A9454-7d1.jpg

【2018年9月:黄道光とジャコビニ・チンナー彗星】
9月21日 3時半ごろ旭川空港近くの農道脇でジャコビニ・チンナー彗星を撮影時、黄道光が見えていた。

●ジャコビニ彗星の撮影と黄道光
0K6A2120-2.jpg
●Giacobini-Zinner彗星/21P
giacobini20180921-2PS2.jpg

【2018年10月:EOS 6D (HKIR改造)による赤い星雲】
10月5日深夜、美瑛の青い池第2駐車場で北アメリカ星雲 NGC7000、10月14日士幌町の「ヌプカの里」
でカリフォルニア星雲 NGC1499を撮影した。

●北アメリカ星雲 NGC7000
NGC7000_181005-2.jpg
●カリフォルニア星雲 NGC1499
NGC1499_20181014PS-2.jpg

【2018年11月:天体観測用レーザーポインターと428による星雲】
星空の解説用にLaserCheap;500mWグリーン天体観測用レーザーポインターを購入した。11月2日深夜、美瑛の青い池の駐車場で照らしてみた。これは凄い。野鳥用のEF400mm F2.8L IS USM望遠レンズをVixen SXD2赤道儀に取り付けて星雲用に使用してみた。非常に明るく撮影できるものの、F2.8のままでは背景が白っぽくなってしまうため画像処理を要した。

●500mWグリーン天体観測用レーザーポインター
0K6A2921-10-2.jpg
●428によるNGC2024 馬頭星雲
NGC2024_20181102-3.jpg

【2018年12月:ウィルタネン彗星】
12月に入りウィルタネン彗星(46P)が明るくなっているはずだが、旭川はまったく晴れない。12月8日快晴の帯広の八千代牧場で星空観察会が開かれ、やっと撮影することができた。

●Wirtanen彗星/46P
normcomp5-4.jpg

なお、月没後には最良の条件となる12月14日のふたご座流星群も天候不良で見ることができなかった。今年は最良の条件だったペルセウス座流星群とふたご座流星群を撮影出来なかったのが残念だった。


●部分日食情報

2019/1/6(日)に全国的に部分日食が見られます。観察には日食専用のサングラスが必要です。北の地方ほど大きく欠けます(札幌42.3%、東京29.9%、鹿児島16.7%)。

    食の開始  食の最大 食の終わり
札 幌 08:46:30 10:13:27 11:47:21
東 京 08:43:48 10:06:00 11:36:34
鹿児島 08:40:28 09:46:30 11:00:33


nice!(39)  コメント(18) 

nice! 39

コメント 18

コメントの受付は締め切りました
ecl

医師の天体趣味率はけっこう高いですよね。
私の地元でも有名な医院長がおられ、病院の屋上にドームを構えられておられました。
亡くなられた後は、15Cmの屈折を寄贈されて、いまは誰もが見られる憩いの広場に設置されています。

それにしても2/3の確率で表紙なんて凄いですね。
それに彗星の記録も素晴らしい。
どれもこれも先生の努力の賜物ではないでしょうか。
by ecl (2018-12-30 09:51) 

queso

年3回刊行される冊子の表紙を2度も飾られるとは凄いですね。
来年は天体は勿論、野鳥で・・・というお話もあるのでは^^。
年末は東京も北風が強くなかなか鳥見に行けません。
其方も年末寒波で雪が多い状況が続いているのでしょうか。
東京は冬鳥が少ない状況が続いていますが、年明けには良い出会いを
期待したいものです。
kinda様も寒さで体調を崩されない様暖かくして、どうぞ良い年を
お迎えください。
by queso (2018-12-30 15:31) 

kinda

〉eclさん
当方の地域でも天文台を着けているクリニックが一つあります。医師の趣味率として多いかどうかは微妙です。交流があるのは日食遠征で知り合ったkurosuさんとyatsuさんだけです。小さな業界誌やたぶんコミュニティ誌のような場合、編集者が一度依頼を受けてくれた方に再度依頼しがちということだと思います(^^)

中学時代、朝焼けの空に真っ白く輝くベネット彗星を見たのが天体観察のきっかけとなったので、明るい彗星は記録に残しておきたいと思っています。そう言えばヘールボップ彗星はカラースライドで撮影していました。

〉quesoさん
地元の業界誌なので見てくれるひとはぜんぜん多くないです(^^)今季の冬期は私の探鳥の領域である旭川〜東川に冬鳥が来ません。何らかの関係で他の地域に行っているのかもしれません。地元のバーダーの方々も同じ感想をもっているようです。少ないといっても異常に少ない状況です。道東の野鳥情報で根室にユキホオジロがきたらしいので行ってみようと思います。本年はいつも暖かいコメントいただきたいへんありがとうございました。quesoさんもどうぞ良い年をお迎えください。
by kinda (2018-12-30 19:31) 

テリー

すばらしい彗星の記録ですね。
今年一年、鳥の写真、星の写真など、色々、楽しませて、いただき、ありがとうございました。
来年もよろしく、お願いします。
by テリー (2018-12-30 22:47) 

kinda

〉テリーさん
ありがとうございます。他にも明るい彗星はありました。たとえばアイソン彗星は天候不良がつづいていて撮影出来ませんでした。その上、太陽に落ちて消失してしまいました。いつもコメントいただきありがとうございます。来年も宜しくお願いします。
by kinda (2018-12-31 01:24) 

mayu

いつも 野鳥と天体の美しい写真をありがとうございます
もうカウントダウンですね
良いお年をお迎えください(*´▽`*)
by mayu (2018-12-31 21:14) 

kurosu

この1年、kindaさんはすごい行動力で、撮影の幅を広げられて、しかも美しい写真の数々・・。1年間の作品を見ると、どれも素晴らしいですが、タウシュベツ橋は、神秘的な雰囲気が伝わってきてすごく好きです。クマゲラやイスカもなかなか出会えなさそうな鳥ですね。すごくかわいいです。イスカの互い違いのくちばしは、キリストの釘を抜こうとして、そういう形になったという伝説が書いてあったような・・?おもしろいですね。

来年も素敵な作品を楽しみにしています。


by kurosu (2018-12-31 21:24) 

Nori

いつも素晴らしい天体写真と鳥の写真をありがとうございます。
今年は成果の多い年だったようでなりよりです。
来年も楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。
by Nori (2018-12-31 21:24) 

Mitch

今年一年ありがとうございました。
北海道ならではの鳥や天体の写真など、楽しませていただきました。
来年も期待しています。
良い新年をお迎えください。
by Mitch (2018-12-31 21:50) 

(。・_・。)2k

本年もお世話になりました
来年も宜しくお願い致します
どうぞ良いお年をお迎え下さい

by (。・_・。)2k (2018-12-31 22:17) 

takapy77

ヘールボップ彗星は、確か肉眼でも見えた覚えがあります。
惑星や散光星雲も、こんなに奇麗に撮れるとは凄いです。
ノゴマは、少数太平洋側も渡ってくれている事が分かりまして
毎年見られるようです。
今年一年ありがとう御座いました。
来年も宜しくお願い致します。良いお年をお迎えください。
by takapy77 (2018-12-31 22:26) 

kinda

〉mayuさん
いつも癒やしの写真ありがとうございます。
来年もどうぞ宜しくお願いします。

〉kurosuさん
ありがとうございます。雑誌で見る天文やっている方の進歩がすごくて、どうやっているんだろうと思って見よう見まねではじめてみたという状況です。行動力というより、少し余裕が出来たという感じですね。クマゲラとイスカと、あとギンザンマシコやユキホオジロにはなかなか遭遇できないので、見るとテンションアップします。

kurosuさんチリ日食行くんですね。今回はいろいろな会社をじっくり比較して決めたいと思います。休める日数によってはボツになるかも知れません。来年もどうぞ宜しくお願いします。

〉Noriさん
ありがとうございます。今年は火星の大接近があり、はじめて惑星の写真を撮る目標をたけました。試行錯誤してなんとか撮れるようです。が、やはりもう少し大きいシュミカセか、13cm~15cmの屈折、あるいはもっと精度高い赤道儀が欲しくなるという病を発症しました。野鳥の方はNoriさんの綺麗な写真をめざして頑張ります。来年もどうぞ宜しくお願いします。

〉Mitchさん
ある程度よいと思う野鳥や天体の写真を撮れたときにブログにしているため、月に3本くらいしか書いてませんが、来年はもう少し頻度を上げたいと思います。来年もどうぞ宜しくお願いします。

〉(。・_・。)2kさん
いつも都会的な雰囲気の素敵なブログを拝見しています。当方もこれまでと同じようなスタンスでやっていきたいと思います。来年もどうぞ宜しくお願いします。

〉takapy77さん
ヘールボップ彗星は大彗星でしたね。先ほど調べたらカラースライドで撮影してありました。今透過型のスキャナーは廃棄してしまいました。何か方法があったらアップします。例年ノゴマは数回見ていたのですが、今年は少なかったです。来年もどうぞ宜しくお願いします。
by kinda (2018-12-31 23:13) 

いっぷく

あけましておめでとうございます。

>表紙の写真を2回飾った
順当なことだとおもいます。
これだけ素晴らしいお写真を撮られるのですから、天文写真学会を立ち上げられて、多くの方がご報告から学べるようになると良いと思いました。
今年もよろしくお願いいたします。
by いっぷく (2019-01-01 04:30) 

kinda

〉いっぷくさん
ありがとうございます。この分野で活躍している方は沢山いて、凄い写真や動画を撮っておられます。Facebookのデジタル天体写真グループに入っているので、そちらでも活動を増やしたいと思います。
by kinda (2019-01-01 10:27) 

kazg

雄大・神秘な天体の写真、当地では見ることもかなわぬ北の国の鳥たちや生き物の姿、いつも目を見張りながら拝見しています。今年もまた、楽しみにしております。

by kazg (2019-01-01 21:38) 

kinda

〉kazgさん
ありがとうございます。本年も北海道の自然を生かして撮影していきたいと思います。さっそく1月6日帯広に日食撮りに行ってきます。本年もどうぞよろしくお願いします。
by kinda (2019-01-02 08:23) 

坂の上の蜘蛛

昨年は天体、北の大地の野鳥等々素晴らしい記事を愉しませて頂きました。
今年も楽しみにしておりますのでよろしくお付き合いの程お願い致します。
新年の挨拶遅れてしまいましたが本年も良い年であります様に多方面で
ご活躍下さい(^_^)
by 坂の上の蜘蛛 (2019-01-04 12:42) 

kinda

〉坂の上の蜘蛛さん
ありがとうございます。今年も1月6日午前の日食撮影のために1月5日に帯広へ移動、他、いろいろ活動していきます。坂の上の蜘蛛さんの活動も見ていきます。本年もどうぞよろしくお願いします。
by kinda (2019-01-04 18:14) 

Facebook コメント